FC2ブログ
おやすみなさいの扉
子どもと過ごす仕事を経てママとなった今、4歳違いの兄妹との何気ない毎日、親子で出会った絵本の紹介をします。   おやすみなさいの扉をノックしてステキな夢の世界へ出かけましょう。
芸術の秋
芸術の秋・・・

母のお供でギャラリーを訪れて芸術の秋を堪能。

木目込み人形のように見える人形の数々、実は全て木彫品です。
百人一首の詠み人たちを史実の姿に基づいて、木彫で再現したという今回の作品展。

母の知り合いが作ったという作品(一番上の写真)を見て、私だけでなく、とんきちも『すごい~!』と見惚れるその細やかな仕事ぶり。
ひとりひとりの性格が手に取るように分かるその表情、姿勢。
さすがに『私もやってみたい!』と思えるようなものではなく、ただただ、『すごいな~』ということばと大きなため息がでるばかり。
人にはいろいろな才能があるものですね。自分の中に眠る、そんな才能を開花させることができるほんのひと握りの人に出会えたような気がしました。


スポンサーサイト








管理者にだけ表示を許可する


んちゃ!(=●^0^●=)/
芸術の秋でもありましたね。
なんか食欲の秋・スポーツの秋はよく思うけど、すっかり忘れていました。
クスクス(´艸`o)゚.+:
それにしてもこれが木彫りとは……
さて私の中にも何かの才能が眠っているのかな???
多分一生眠ったままでしょうね。
hiro | URL | 2007/10/30/Tue 16:14 [EDIT]
すばらしいですね~(*^_^*)
この人形は木彫りなんですか…
本当に細かい表情や仕草がすばらしいの一言!

>自分の中に眠る、そんな才能を開花…
私の場合…果たして自分に眠る才能があるかが問題かも~(ーー;)
oma | URL | 2007/10/30/Tue 23:19 [EDIT]
すごいですね~、これ全部木彫りなんですか?!
こんな才能ある人ってすごいな~って思いますよね。
どれも表情豊かで、見入ってしまいますね。
たまにはこんな作品展に足を運ぶのもいいかもしれないな。
でも、ユメくんイオくんを連れて行くのはヒヤヒヤしちゃうかも(^^;)
芸術の秋かぁ・・・・、私はいつも食欲の秋です(^^)
ユカチャン | URL | 2007/10/31/Wed 23:17 [EDIT]
hiroさん
hiroさん、こんにちは~*
そうそう、食欲に押されすぎて、芸術のことを忘れちゃっているんですけどね~(笑)。
あまりにも細かいので木彫りには見えないでしょ?
実際に鼻がぶつかるくらい(!)顔を近づけてみても、木目込み人形にしか見えなかった私です。
hiroさん、あらゆる面で才能開いてますよ~。多才ですもの!
私の才能・・・、なんだろうな~。胸を張れるようなことだといいんだけれども、開花するのは活かせなくなってからかな(苦笑)。
ママきち | URL | 2007/11/01/Thu 11:51 [EDIT]
omaさん
omaさん、こんにちは~*
残されている絵に基づいて…ということでしたが、その姿・表情は実際に今から動き出しそうなほど、リアルで笑えるものもたくさんありました。
とんきちとふたり、『いまからうたいます!』『これこれ、もうそのへんで・・・』『あ~、ねむい。』『もっとおさけをここへ・・・』なんて、こといって、とってもくだらない宮中劇を広げて遊んでいた私です(笑)。

omaさんもこれまた、才能いっぱいでしょうね。
だって、未知のエネルギーの宝庫である子どもたちと毎日一緒にいるんですもの。
これからもますます磨きをかけて、眠れる才能を花開かせてくださいね!
ママきち | URL | 2007/11/01/Thu 11:57 [EDIT]
ユカチャンさん
ユカチャンさん、こんにちは~*
芸術って本当に奥が深いですよね。
普段の生活には必要のない技だけれども、こうやって、限られた人にしかできないモノというのを創造することができるのって素晴らしいことだな~と実感しました。
実は、このギャラリーかなり狭い空間なんです。畳でいうと15畳くらいかな~。
なので、ベビーカーとはいえ、のんたんを連れて行くのはドキドキしていたんですが、タイミングよくぐっすりオヤスミしていてくれたので、とんきちとふたりで楽しむことができました。
とんきちは大丈夫なほうですが、それでもこの人形をみたら触りたくなるみたいで、ついつい手を伸ばして…なんてこともあり、ヒヤヒヤしてました(写真一番上のものはセットで250万円もするんですよ~!!)。
さあ、一瞬の芸術の秋を終了して、これからも食欲の秋を邁進しま~す(笑)!
ママきち | URL | 2007/11/01/Thu 12:02 [EDIT]



TRACK BACK
TB*URL





Copyright © おやすみなさいの扉. all rights reserved.