FC2ブログ
おやすみなさいの扉
子どもと過ごす仕事を経てママとなった今、4歳違いの兄妹との何気ない毎日、親子で出会った絵本の紹介をします。   おやすみなさいの扉をノックしてステキな夢の世界へ出かけましょう。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ふたごのあかちゃん・・・

ふたごのあかちゃん
北川 チハル 作  はた こうしろう 絵
ひさかたチャイルド


イメージは『かわいい』、現実は『かわいい以上に大変』なふたごベビーちゃん。
とんきちも『のんたんがふたりだったら…』なんて、ことばに詰まってしまうこともあるくらい(苦笑)。
憧れるけれども、身近にいるふたごベビーママさんは本当に大変そうなので(KOKOさん、あなたですよ~苦笑)、絵本の世界だけで楽しませていただきましょう。

森の小さな病院で元気な赤ちゃんが生まれました。
とりあげたじいじ先生は赤ちゃんが『やっほー!』といったような気がしてビックリ。でも、どうやらその声は鳩時計の音だったみたい。
そして、鳩が鳴きやむ前にふたり目の赤ちゃんも生まれました。
でも今度は、あんまり勢いよく生まれ出た赤ちゃんをばあば先生は落としてしまいました。でも、赤ちゃんは床にぴたっと…。
そんな元気いっぱいの赤ちゃんに出会えて、お母さんの胸はぽかぽか優しい暖かさに包まれました。
赤ちゃんの名前は『やっほー』と『うふふ』。
ふたりとも、昼間はおっぱいを飲んでしっかりオヤスミ。
でもね、夜になると目をパッチリと開けて、どこかへ出かけていってしまいました。
『おとうさんはどこかしら?』
『さがしにいきましょうよ』
そうです。ふたりはまだ会ったことのないお父さんに会いたくて、病院中、お父さんを探しまわるのです。そう、生まれたばかりの赤ちゃんが・・・!

ありえないお話なのですが、ただただかわいい~♪というほのぼのとした気持ちで楽しめちゃいます。
私が好きな絵本に『あかちゃんがやってきた』というお話があるのですが、実はそのお話もはたこうしろうさん。そちらもやっぱりふたごの赤ちゃんが生まれるお話(笑)。
とんきち、のんたんが大きくなってきたことで『のんたんもうまれたときはちいさかったよね~』なんて、少し前のことを懐かしがることが多くて、ちょっと父親の心境?があるみたい(笑)。
このお話を楽しんだあとは、『あかちゃん、かわいいね~。でも、ふたりはちょっとね~』なんて言葉を濁していました。
5歳のお兄ちゃんに『ふたごは…』なんていわせることになったのんたん、やっぱりとんきちの肩にグググッとのしかかるところ、多いみたい(笑)。


スポンサーサイト





管理者にだけ表示を許可する


絵本や紙芝居って、現実では「え?そんなことは…」なんていう事がたくさんあるけど、面白いんですよね~
双子のあかちゃんがお父さんを探しに行くっていうのもけなげで可愛らしい
ふふふ…
さすがのとんきちくんもふたごの赤ちゃんはちょっと…って考えちゃったんだね(笑)
oma | URL | 2007/11/29/Thu 01:08 [EDIT]
omaさん
omaさん、こんにちは~*
そうそう、描かれているイラストにずいぶん助けられておもしろおかしい世界へ旅してます(笑)。
かなりの絵本好きのとんきちですが、まだもう少し読み聞かせは早いようで、口頭だけの語りでは今ひとつなところがあります。
特にこんなお話、かわいいイラストがあってこそ、『プププッ』と楽しい笑いがこぼれるけれども…。
赤ちゃん=のんたん、という思いの強いとんきち、『もし、またあかちゃんがうまれても、のんたんだったらたいへんだね~』なんていってます(笑)。
ママきち | URL | 2007/11/29/Thu 11:21 [EDIT]
なんだか温かな気持ちにさせてもらえそうなお話ですね。
そういえば、私も双子ちゃんが欲しいな~なんてこと思った経験あります。
実際は1人でも大変なのに・・・。
もちろん、思ったのは子供を出産する前のことですよ(^^;)
ユメくんの保育所にも双子ちゃんが何組かいますが、それゃもう大変そう。
送迎の時にはひとりはあっちに走り、もうひとりはこっちに走り・・・ってな感じで。
やっぱり双子ちゃんのママさんを尊敬しちゃいます!
ユカチャン | URL | 2007/11/29/Thu 12:47 [EDIT]
あはは、これはこの絵本、読んでみないわけにはいきませんね!
そう、双子ちゃんって大変なんです。…って、私も産んでみるまで実感がなかったのですが(苦笑)。夜中は遊ばないで、スヤスヤして欲しいモノです。
それともう一冊チェック(爆)!まずは図書館へ…。
こちらでお世話になっている図書館の司書さん、いつも行くたびに「今日は、ひとりおばあちゃんですか~?」とか声を掛けられます。しっかり覚えられているし(^^;)。大人しくすることが難しくなって、図書館へ行ってもささーっと帰って来るこの頃。落ち着いて本を選びたいなあ。
slo-mo | URL | 2007/11/29/Thu 20:59 [EDIT]
ユカチャンさん
ユカチャンさん、こんにちは~*
ハイ、楽しいお話ですよ。
ありえないお話なんだけれども、赤ちゃんの冒険…ということで、なんだか読むほうも聞くほうもニンマリしちゃいます(笑)。
やっぱりユカチャンさんもふたごちゃんに憧れたことあるんですね~、私もです♪
そうそう、イメージはとってもかわいらしくて、素敵なんですよね。
でも、現実はとんでもなく大変で、体がいくつあっても足りない!!な状況になっちゃうんですよね。

↑のKOKOさんもふたごちゃんのママさんです。毎日毎日、とってもとても大変そうです。でも、KOKOさんはそれでもやっぱり素敵なんです。尊敬ですね~。
ママきち | URL | 2007/11/30/Fri 12:44 [EDIT]
KOKOさん
KOKOさん、こんにちは~*
ハイ、是非読んでみてくださいね~。
生まれたそのときからふたりで何やら楽しそうに…な姿、きっとNaoちゃんとMinatoくんに通じるところがあるんだろうな~なんて思いながら楽しめましたよ(笑)。
赤ちゃん連れってなにかと人に覚えられちゃうんですよね。
おまけにKOKOさんはダブル~!なので…(笑)。
私も、とんきちがベビーのころは何の問題もなくいけた図書館が、鬼門となりつつあります。本を出すだけならまだしも、ご機嫌の大声あげて駆け回られたときにはもう…(涙)。
おこさまスペースに少しだけ大人の本も並べてほしい~と思う今日この頃(苦笑)。
ママきち | URL | 2007/11/30/Fri 12:49 [EDIT]



TRACK BACK
TB*URL





Copyright © おやすみなさいの扉. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。